FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
見たことありますか…?
2007 / 09 / 30 ( Sun ) 22:28:36
「僕、競走馬です。成績しだいの厳しい世界で生きています。応援お願いします。」

あるCMの言葉…ズンズンと心に滲みてきます。


bnr_main.gif



馬という動物を好きになってから、いろんな悲しい現実も知ることになりました。

私の間近で馬に触れ合いたいと思うと、乗馬倶楽部という選択肢がありますが、乗馬というのは、リーズナブルな費用でできるものではない。

馬の一生は、けして幸福ではない。

一流の競走馬であっても寿命をまっとうできる競走馬は、ほんの一握り。
レースに勝てなければ、淘汰される。
中央から地方へ転厩や乗馬へと…

乗馬といっても本当に乗馬倶楽部に引き取られる場合もあるが、食用として処分されてしまう。

馬は、自分が肉にされることがわかるらしい…
競走馬の時は、大事に手入れされ可愛がられていても、経済動物として走らない勝てない競走馬の行く末は、悲しい現実。


引退をして種牡馬となっても産駒が走らなければ、やはり淘汰…
牝馬は、引退したら繁殖牝馬になることが多いが、馬の出産も命がけ…
牝馬三冠に輝いたスティルインラブ号も初仔を出産したあとに体調崩して若くしてなくなっている。
乗馬として第二のスタートをしても馬にとっては、ストレスのかかる乗馬は楽なことではない。
以前、観光牧場で真夏の暑い盛り観光乗馬として、観光客を乗せて同じところを何度も何度も歩いている馬の瞳に輝きを見ることはできなかった。

私が大富豪だったら、北海道か山梨県あたりに広大な土地を買って、1頭でも多くの馬を引き取れる牧場を作りたいな…なんて一般庶民の私には、夢のまた夢…


馬のかわいい瞳を見つめてください。
馬は、とっても臆病な繊細なんです。
だから、私は、馬が大好きです。
スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:その他

:::徒然::: TB:0 CM:0 admin page top↑
<<元気です * HOME * いつも緊張と重圧>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://syuka24.blog12.fc2.com/tb.php/203-bcfed342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。