スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
待つということ
2006 / 05 / 06 ( Sat ) 08:30:02
「どうして…来てくれないの?」

なんてココロの中で呟く。

わかっているんだけどね。
思うほどに遠くなってしまうのが、人のココロ

「がんばっているんだよ。。。これでも一生懸命…」

でも、いつもカラ回り
待つほどに、ため息がでちゃう。
かかってこない電話
届かないメール
何の反応もない携帯電話見つめていると
自然と涙が出てくるよ。

それでも、やっぱり待っている私がここにいる。












タバコ屋さんの店番の私





売れないタバコ屋の店番ほど、淋しいものはない。

「はよ、お客さん来ないかな~」。。。なんてね。。。笑tabakoya.jpg

スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

:::記憶::: TB:0 CM:0 admin page top↑
ジェーン・エア
2006 / 04 / 25 ( Tue ) 22:51:50
駅ビルの本屋さん

いつも楽しみに購読している月刊誌を買いたくて寄ったら、ワゴンの中に映画の超安価のDVDが並べてあった。

その中で目に止まったのが「ジェーン・エア」

私が、たぶん中学生の頃に何度も何度も読み返したシャーロット・ブロンテの最高傑作・・・

ジェーンの生き方に憧れて自分がジェーンになったような気がして、ジェーンひたむきな心に感動していた。

一瞬、迷ったけどすぐに手にとった買った。

だって、500円だったし。。。
でも、モノクロ。。。。すっごく古い映画
だっても
エドワード・ロチェスター役が、なんとオーソン・ウェルズの若かりしき頃の映画
製作年1944年だってさ。。。

060425_2226~01.jpg

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

:::記憶::: TB:0 CM:1 admin page top↑
花火…
2005 / 08 / 07 ( Sun ) 21:46:40
花火の季節になりました。

あちらこちらで花火大会が開かれています。

私には、忘れられない花火大会があった。

新潟、佐渡島の両津港のお祭りの夜の花火…

高校の時からの友達だった彼女と行った佐渡島。

あの頃、私のバイト仲間に佐渡島出身の子がいて、スキーに行ったり飲みに行ったりしてた。
そのうちバイト仲間の友達と彼女がひかれあうようになった。
彼女が「夏に佐渡島に行きたい。」と…


ちょうど真夏のお盆休みでみんな帰省していた。
海に泳ぎに行ったり、山に登ったり…
港のアスファルトの上に、みんなで座り込んで夜空を彩った花火を見ていた。

楽しかったな…

そんな彼女が、27歳でいってしまったのも、暑い8月の朝だった…



花火夜景壁紙特集2005
http://www.yakei-kabegami.com/special/fireworks_2005/

hanabi.jpg

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

:::記憶::: TB:0 CM:0 admin page top↑
1/365の奇跡
2005 / 06 / 17 ( Fri ) 08:36:12
e_cake_s12.jpg



子供の頃は、仲良しさんが集まる日

お料理の下手な母が、この日だけは特別だった…

混ぜご飯にケーキに三矢サイダー

おかっぱ頭の私 サッカー地のワンピース着て

ちょっとお澄まししていた


一番楽しい時期だったな…

仲良い友達達と徒党組んで遊びに行ったっけ

一番仲良しと、いつものお店で

ご飯食べながら、ちょっと気になるアイツのこと

ずっと話し込んでいたな…

一番仲良しから、貰った小さなピアス

小さな袋に入れて今でも大切にしている

一番仲良しの形見になっちゃったからね…


この日だけはいつも訪ねるところがあるね

必ずドアをノックしてくれる人がいるって

何よりも嬉しいこと

これってココロの繋がりなんだなって…

ちょっとサビシンボウが顔見せた


今では何にもなくなった

ふと見つめるカレンダー

一人ぼっちのこの日を

これから幾年通り過ぎるの?


年老いた母だけが何も言わず

ひっそりと紙袋に入ったココロを

ベットに上に置いていてくれる

母にココロの中でありがとう


けして何も残してくれない

幻の1/365の奇跡を私は待ち続ける

この日だけは、奇跡の言葉だけでいいと…

願うことは…叶うことはない
:::記憶::: TB:0 CM:0 admin page top↑
Love Letter
2005 / 06 / 07 ( Tue ) 08:33:32
classroom1-1.jpg



ちょっと懐かしくなった。今頃、どうしてるのかな?


君が転校してきたのは、小学校5年生の時だったっけ?

君は、同級生よりも大きくて最初は、なんだか嫌だった。

君は、親の仕事の関係なのか、転校ばかりしていたんだよね。だから、ちょ

っと勉強が追いついて来れない置いてきぼりだった。

そのせいか、一学年ダブっていた。だから大きかったのかもね。小学校6年

の頃には、うっすら髭も生えてきて「やだ~」と思ってた。でも、君は、私

と同じ町内だった。運動会の地区別対抗リレーの時、女子は私、男子は君。5

年生の時も、そして6年生の時のアンカー走者も君と私だった。

そんな君と6年生の3学期に、机の順番、私の後ろに君だった。

その頃かな~なんだか妙に君のことが気になったんだ。

わざと、ハンカチを机から落として君に拾ってもらって「ありがとう」と言

った私、嬉しかったりして…


あの時が、私の初恋だったんだと後で気がついた。

中学校に入ったとき、君はいなかった。

私の知らない所に、引っ越していってしまた。


ふと、元気にしているのだろうかと…。
:::記憶::: TB:0 CM:0 admin page top↑
2005/1/19 夕日…
2005 / 01 / 20 ( Thu ) 19:32:42
20050119_1606.jpg


綺麗だった・・・
輝けるだろうか私
あの夕日のように
:::記憶::: TB:0 CM:0 admin page top↑
小道
2005 / 01 / 09 ( Sun ) 13:29:42
小道を抜けて行くと、その向こうには何があるのだろうか…

2004/1/18撮影

komiti.jpg

:::記憶::: TB:0 CM:0 admin page top↑
裸の王様
2005 / 01 / 09 ( Sun ) 13:27:39
はだかの王様…
自分が、はだかって気がついていなかった童話話

なんだかこのお腹が可愛くてね…

2004/1/18撮影

2004_2_18a.jpg

:::記憶::: TB:0 CM:0 admin page top↑
ちょっとだけ
2005 / 01 / 09 ( Sun ) 13:23:22
ちょっとだけ色っぽいお尻と、ちょっとだけたくましいお尻
これ似ているから思わずシャッターを切りました。

2004/1/18 撮影

siri1.jpg
 shiri2.jpg

:::記憶::: TB:0 CM:0 admin page top↑
宝物の空
2005 / 01 / 09 ( Sun ) 13:18:49
kanransya.jpg



去年の一月
ちょうど今頃だったな。
真冬の遊園地の観覧車と
透き通るような空
忘れられない


願いが叶うように、観覧車に乗って
一番空に近い場所で願ってみた想い…
2004/1/18撮影
:::記憶::: TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。