やっと…
2017 / 11 / 11 ( Sat ) 16:20:06
やっとログインできました。

大切な桃子の思い出のブログ

残っていてよかった。



スポンサーサイト
:::徒然::: TB:0 CM:0 admin page top↑
あれから
2015 / 03 / 18 ( Wed ) 21:14:42
あらから4年半。。。
桃子が、亡くなってからもう4年半。。。月日が経つのは早いものです。

桃子そっくりな毛色の鞠子も4歳。。。大人になりました。


今、姉の家のいるワンコ  マルチーズのふーちゃんが、命の灯火と戦っています。

16歳。。。もう3日も何も食べておりません。


姉が悲しむから必死に頑張っています。

がんばれ。。。ふーちゃん

:::徒然::: TB:0 CM:0 admin page top↑
残っていて「ありがとう」
2014 / 07 / 27 ( Sun ) 13:05:04
なつかしいブログ

残っていくれて「ありがとう。」
:::徒然::: TB:0 CM:0 admin page top↑
ブログ
2013 / 01 / 20 ( Sun ) 21:55:52
おひさしぶり 私のブログ

パソコン新しくしたので、迷子になっていた私のブログ

元気で残っていてくれてありがとう
:::徒然::: TB:0 CM:0 admin page top↑
ひさびさ。。。
2012 / 06 / 18 ( Mon ) 20:39:43
本当にひさびさにここにきました。

パスワードわからなくなって。。。焦りました。


桃子に会いにきました。

桃子に会いたい。。。
:::徒然::: TB:0 CM:0 admin page top↑
新しい家族
2011 / 03 / 27 ( Sun ) 22:00:20
新しい家族が増えました。

ポメラニアンの鞠子です。

女の子、3ヶ月で我が家に来てくれました。


ポメラニアンを飼うのは2頭です。



毛色はパーティー・カラー

ポメラニアンでは数少ない毛色ですが、三毛で桃子そっくりの色合い

一目ぼれでした。


やんちゃでやんちゃで振り回されている毎日です。

可愛くて…桃子の分まで大切に育てていきたいと思います。



mariko.jpg




:::徒然::: TB:0 CM:0 admin page top↑
ずっと一緒にいようね。
2010 / 11 / 14 ( Sun ) 15:45:14
突然の急変でした。

金曜日も点滴治療を終えて午後7時頃帰宅

病院で少し吐いたとのことでご飯は控えめ

もの足りなそうな顔をしていたので、蒸しパン・プリンをからめたドックフードを追加したらペロリと

食べてしまいました。


夜は、桃子の腎臓の数値が悪くなってからは、1階の和室で母と桃子と三人で寝るようにしていて

桃子の寝息を聞きながら寝ていましたが、金曜日の寝息は、「なんか変な寝息だな?」と感じながら

床についたのが午後11時過ぎ。


日付けも変わった土曜日の午前3時過ぎ、いきなり桃子が飛び起きて部屋中を駆け出して入り口の

襖の前でヨダレを垂らしながら、ゼイゼイと荒い呼吸をし始めて、口は半開きで、目はクルクルと

怯えるような目をして、私と母は、オロオロと桃子の背中をさすりながら「桃子!桃子!どうしたの!

大丈夫!!」と声をかけるのが精一杯。

和室から部屋を暖かくしたリビングに桃子を抱いて移動し、身体全体でゼイゼイと呼吸している桃子。

桃子を包んでいたバスタオルを見ると血が滲んでいて。。。擦りながら桃子、桃子と名前を呼ぶのが

精一杯。


6時を過ぎて動物病院の緊急連絡先の携帯に電話しても留守電。

緊急連絡先の携帯は、担当獣医さんが持ち回りで持ち帰っているもの。

この動物病院の院長先生は、25年以上、代々の犬のかかりつけの獣医さん。ご自宅が病院の

後ろにあるのをわかったいたので、6時半過ぎに息も絶え絶えの桃子を車に乗せて動物病院に

向かう。

こんな時に限って赤信号に掴まってばかり…


ご自宅のチャイムを鳴らして名前をつたえると、すぐに来てくれて桃子を抱き上げてくれて

診療室へ、すぐに処置開始…

まだ、スタッフが来ていないので酸素吸入器の先を、先生に指示されて私が、桃子の鼻につけ

ながら「もーちゃん、がんばれ!がんばれ!」と身体さすることだけ。

酸素吸入室の準備が出来て酸素室にはいったのをみて、酸素吸入室に入れば、もーちゃんが

呼吸できると…


診断は、肺がんから肺水腫に、それが破けて出血まじりの水が口から出でいるとのこと、今日明日

まで持てば…とのこと。

そのときに桃子の寿命を悟りました。

母は、3時から寝ていないので疲労困憊気味のため、母が倒れたら大変なので後は、先生に託して

一度帰宅。

帰宅後、母も私も寝込んでしまったけど、なかなか眠れない。

そして電話、桃子急変を知らせる電話。急いで病院に向かう。



10時43分…さようならと尾っぽ振りながら桃子は、虹の橋を渡っていきました。





なにもこんなに急いで逝かなくてもよかったのに

私の11/6/から11/14の連休にあわせて看病と看取りとお葬式まで…

ぴったりとあわせて桃子は逝っちゃった…


桃子にとって最善の治療方法を桃子は、自分で選んでしまった。


ずっとずっと桃子の胸をさすっていたかった。

もっともっと桃子を抱っこしていたかった。

私には、桃子を抱きあげたりしていて痛くなった腰痛だけ残していった桃子

桃子は、私の宝でした。

安らかに眠ってね。


kaigobesuto01x.jpg


桃子のために買った介護ベスト

中型犬用の「L」ではパンパンで着れない。急遽「2L」に交換

「2L」ってボーダーコリー等の中型大犬用でした。

細い方のファスナーだと胸回りがピチピチ…もーちゃん!おデブ

太い方のファスナーだとちょっとブカブカ

3箇所手縫いでサイズ調整してみました。

kaigobesuto 001a

ベストについているワッペン

ずっと一緒にいようね。









:::徒然::: TB:0 CM:1 admin page top↑
永眠
2010 / 11 / 13 ( Sat ) 20:55:04
11月13日  午前10時43分

桃子 永眠  (享年14歳9ヶ月)
:::徒然::: TB:0 CM:0 admin page top↑
点滴8日目
2010 / 11 / 12 ( Fri ) 11:40:12
点滴治療を開始して8日目です。

一昨日から腎臓の数値が、下がりだして昨日は、「66」  少しホッ…

でも、正常値は「30」だからまだまだ


食欲は、「健康のバロメーター」数値が下がり始めた一昨日、病院から帰ってきたら

ご飯食べたいとばかりに「ハン!ハン!」と吼えてくれた。

食欲の落ちた11/1から10日ぶりに聞いた桃子の吼え声です。

ちょっと安堵

でも、これからがもっと大変


肺がんの治療方針を決めなければならない。

「このままなら桃子の余命は?あと、どのくらいでしょうか?」と聞いたところ

「年内、越せるかどうか?」とのこと


治療の選択支としては、手術・化学療法・延命療法

手術は、高齢犬のため麻酔リスクと開胸手術は3時間程度、無事に手術を乗り越えても

術後、心臓の不整脈や再度腎臓の悪化で予後不良になったり…


化学療法=抗がん剤療法は、まず副作用(食欲不振・嘔吐・下痢・倦怠感)の心配と

肺がんに効く薬は、あまりないとのこと…


延命療法=活性化自己リンパ球療法は、再生医療で治ったり良くなったりはしないけど

QOL(生活の質)をあげられ副作用(食欲不振・嘔吐・下痢・倦怠感)の心配ないけど

料金は高額、止めると亡くなるとのこと…


緩和ケアとして、人間と同様、モルヒネ等で痛みをとる治療もあるけど、肺がんは鎮痛剤で

痛みをとっても『呼吸する』ため、やはり最期は、呼吸困難で相当苦しむとのこと…


桃子を、呼吸困難で苦しませることだけはしたくない。

桃子の病院では「安楽死」はやらない方針

ならば、死期を早めてしまっても、思い切って手術に踏み切ろうか?

麻酔でさめないまま逝ってしまっても桃子の苦痛ないし…

どうすればいいのだろうか?


先生は、「出来る範囲で出来ることをしてあげるのが、この子にとって一番いいこと。」

と、お話してくださるけど、まだ、きめる決心はつかない。


桃子、貴女はどうしてほしいの?


tennteki1a.jpg

病院から帰宅してご飯食べてお眠り中


tennteki2a.jpg

点滴の針が、刺さったまんまのお手手

猫ちゃんの包帯が可愛い



早く元気になれ!!




:::徒然::: TB:0 CM:0 admin page top↑
急性腎不全
2010 / 11 / 06 ( Sat ) 22:39:43
今、桃子が危険な状態が続いています。

急性腎不全・肺がん・緑内障と。。。泣きそうです。



緑内障で左目は失明

肺がんは老犬のため手術のための麻酔のリスクがあって難しいとのこと

急性腎不全で今一番、危険状態

通常、犬の正常値は8~30なのに、昨日は200以上で測定不能、今日は少しさがって189

急性腎不全で尿毒症なったらもう駄目


桃子は、14歳9ヶ月  人間なら80歳近い老犬。。。長生きしているほうですが、もっと

傍にいてほしい。

kaigobesuto 002a



早く元気になれ!!


:::徒然::: TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME * next